交通事故後の後遺症とは

交通事故後の後遺症とは

交通事故に遭われた方への専門施術

そうき接骨院では「交通事故に遭われた方への専門施術」を行っております。

 

交通事故の後遺症はかなり多岐にわたり、

放置しておくと腰痛や肩こり、しびれ、頭痛、めまいやふらつきなどの症状

かなりの高確率で起こるようになり、

数年や数十年などの長期にわたって症状が残るようになります。

交通事故後遺症の特徴

事故後、1~5日後ぐらいが要注意!

交通事故後の後遺症の特徴は、

事故当日にはそれほど痛みは気にならなかったが、

1~5日後ぐらいに首の痛みやしびれ、腰、背中の痛みやしびれ等

だんだんと広範囲にでてくる事があります。

 

これは事故当日は、

非日常的な「交通事故を起こしてしまった」という

精神的な要素も加わり神経が興奮状態にあるため、

あまり痛みを感じにくいといわれています。

 

そのため、交通事故を起こした日に病院で

レントゲン検査等の的確な検査が行われますが、

多くの場合病院から

「骨に異常はない」

「骨折はない」

と言われて放置しておく事が多いため、

しばらくすると首や肩、腰の痛みやしびれ、頭痛やめまいなどの症状の悪化につながり、

後遺症が残りやすくなります。

車の写真

レントゲンでは異常がない事のほうが圧倒的に多いです

レントゲンは「止まっている状態での骨の検査」

交通事故により一番多いけがは「むちうち」ですが、

ほとんどの場合、レントゲンでは異常がでることはありません。

むちうちだけではなく、

首、肩の痛みや腰、足の痛みもレントゲン上は問題ないと判断される事が多いです。

 

なぜならレントゲンは「止まっている状態での骨の検査」だからです。

骨イラスト

むちうちを初めとする交通事故のケガは

筋肉や靭帯を痛める事がほとんどのため、

本来は

「体の動きがどれだけ正常に(痛み無く)動かせるか」

という事の検査をしていかなければいけません。

 

当店は交通事故に遭われた方を毎年年間で

100名以上施術させていただいておりますが、

「レントゲンでは異常なし」と言われたにも関わらず、

9割以上の方が痛みやしびれ、頭痛を訴えて来られる方たちです。

 

「画像で問題がなかった」と言われた方でも、

もしお体に少しでも不調を感じる事があれば、一度当店にご相談ください。

充実のサポート体制

行政書士や弁護士との連携により、

保険会社へのアドバイスや慰謝料などのサポートも行っております。

交通事故、むちうちでお困りの方は藤枝市のそうき接骨院までご連絡ください。

自己負担金は0円

こちらの記事もお読みください