搭乗者保険とは

搭乗者保険とは?

搭乗者保険も過失割合に関係なく支払われます。

搭乗者保険とは、

「契約している車に乗っている方(搭乗者)全員を補償します」

という保険です。

 

しかし、「乱暴な運転」や「正しい位置に座っていなかった」事により

お怪我をされた場合は支払い対象にはなりません。

例)トラックの荷台にのっていた、違法な運転をしていた等。

搭乗者保険も人身障害保険と同じく、
過失割合に関係なく支払われます。

ただし、搭乗者保険に関しては契約した保険内容での支払いになる
「定められた額」の支払いになります。

どういう事かというと、
例えば人身障害保険では、
お怪我をした際の損害額が1000万円だった場合、
全額が支払われますが、

搭乗者保険では大きく分けると

1「むちうち」なら○万円、「骨折」なら○万円など症状別に定めている金額
2「入院」「通院」にかかった「日数×0.15%や0.1%」等の日数計算式

上記の内容で支払われます。

 

また、

2の「入院」「通院」にかかった「日数×0.15%や0.1%」等の日数計算式に関しては、

施術にかかったすべての期間というわけではなく、

「日常生活」に戻れるレベル、

「業務に従事できる」レベル

まで体が回復した時までという決まりになります。

 

ではどのぐらい体が回復してきたら、

「日常生活」に戻れ「業務に従事できる」状態かというと、

基準としては曖昧になっています。

 

一般的なケースですと、

1~2ヶ月ほどで「日常生活に復帰できた」と判断される事が多いようです。

イラスト写真

搭乗者保険は例え事故を起こした方が100パーセント悪くても支払われます。
また、等級も下がらないため、
もし事故に遭われた際には自身の保険会社に確認し、
積極的に請求したほうがよい保険ともいえます。

交通事故、むちうちでお困りの方は藤枝市のそうき接骨院までご連絡ください。

自己負担金は0円

こちらの記事もお読みください