対物賠償保険とは

対物賠償保険とは?

対物賠償保険は交通事故で、

「他人の持っている物(財物)」に損害を与えてしまった場合に補償される保険です。

 

たとえば、

・他人の車や家、お店に誤って車で突っ込んでしまった、
・ガードレールや標識、電柱にぶつかってしまって壊してしまった、

などになります。
加入者本人の「物」や家族の「物」に対しての補償はありません。

また、物が損害を受けたことによる損害だけではなく、損害を受けて生じた間接的な損害も補償の対象になっています。

「車で突っ込んでしまったために営業できなかった店舗」への損害賠償や、
休業損害なども支払いの対象になります。

事故写真

自賠責保険には「対人」はついていますが、

「対物」はついていませんので、

対物賠償保険に未加入で、

万が一事故により他人の物を壊してしまった場合、

何十、何百、何千万円単位の請求を自腹で支払わなければならない事になります。

 

物だけではなく、

損害を与えた事で生じた各種損失の支払いもあるため、

億を超える事もあります。

 

対物賠償保険にも支払い上限額があるもの(有限)と、

支払い上限額がないもの(無制限)がありますが、

上限無制限に加入しておいたほうが無難です。

交通事故、むちうちでお困りの方は藤枝市のそうき接骨院までご連絡ください。

自己負担金は0円

こちらの記事もお読みください