後遺症認定について

後遺症認定とは?

後遺症認定とは、

後遺症認定とは、

交通事故によって受けた精神的・肉体的なケガが、
これ以上施術を続けても回復の見込めない状態となり、
(これを症状固定といいます。)
「交通事故」とその「症状固定状態」との間に因果関係が相当あり、
その存在関係が医学的に認められる(証明できる、説明できる)もので、
労働能力の失い(または低下)を伴い、
その失った労働力の程度が自賠法施行令の等級に該当する時に認定される。

というちょっと難しい表現になりますが、
要するに

「交通事故で受けたケガの施術を一生懸命やってきたんだけど、事故後半年経過しても、いまいち回復しきらずに痛みとかしびれ等のせいでお仕事などに支障が残ってしまった場合、事故する前のお体の状態に回復しなかった時に、「後遺障害認定」という所に項目がたくさんあるから、それに当てはまったらお金支払いますね。」

簡単に説明すると上記のような事になります。

後遺障害認定の等級は以下のとおりです。

後遺障害

交通事故、むちうちでお困りの方は藤枝市のそうき接骨院までご連絡ください。

自己負担金は0円

こちらの記事もお読みください