人身障害保険とは

人身障害保険とは?

自分自身を補償してもらえる保険

人身障害保険とは、

自動車で事故を起こし、ケガをしてしまった場合に、

契約した保険金額の範囲のなかで、

自分自身(相手ではないです)の施術費用や慰謝料、休業損害などの

損害金額を全額補償してもらえる保険です。

 

また、車の運転中だけではなく、

・歩行中や自転車で移動中に、車にひかれてしまってケガをした、
・他人の車(例えば友人)の車に乗っていて事故をおこしてしまい怪我をした、
・単独でガードレール等にぶつかってしまいケガをしたなどの単独事故

上記のような場合でも補償されます。

車イラスト

人身障害保険は過失割合に関係なく保険金が支払われます。

例えばAさんとBさんが交通事故を起こしてしまい、

過失割合はAさんが4割

Bさんが6割の過失割合だったとします。

 

ここでAさんが重症を負ってしまい、

Aさんの損害額(治療費用など)が合計で1000万円かかったとすると、

 

Aさんは過失割合が4割のため、

1000万円の4割にあたる400万円を自己負担しなければなりませんが、

人身障害保険に加入している場合は、

400万円は全額補償されます。

残りの6割の600万円はBさんの自賠責保険と、

対人賠償保険から支払われます。

 

仮にAさんの過失割合が10割(10:0)だった場合は、

Bさんの対人賠償保険からは1円も支払われませんが、

Aさんの人身障害保険から全額である1000万円が支払われます。

 

つまり、人身障害保険に加入していれば、

例え事故を起こしてしまった方の過失が

100%であったとしても(加害者側であったとしても)、

人身障害保険を使って施術を行う事は可能になり、

窓口負担金も0円になります。

 

もし、

「事故を起こしてから首や背中が痛いけど、自分が加害者側で100%悪いから・・・」

とあきらめずに、

ご自身の加入している保険を見直し、

人身障害保険に加入しているなら、

迷わず医療機関で施術を受けたほうが安心です。

交通事故、むちうちでお困りの方は藤枝市のそうき接骨院までご連絡ください。

自己負担金は0円

こちらの記事もお読みください