自動車事故治療について、疑問質問からピックアップ

自動車事故治療は、車社会で生きる私たちの誰一人として無関係とはいえません。
万が一のときにあわてず、正しい対応をとるためにも、今のうちに自動車事故治療についてさまざまな知識を得ておくようにしましょう。

ここでは、自動車事故治療について、もっとも多い疑問質問からいくつかピックアップして、説明します。

【警察に届けなければいけませんか?】

自己負担で自動車事故治療を受ける、もしくは被害者の治療費を全額自腹で対応する場合は、示談でも問題ありません。
ただ、人身事故の場合、大きな外傷がなくても、目に見えない内臓部分にダメージが及んでいる危険性があります。

その場合病院で詳しく調べなければ分からないため、事故後、速やかに病院を受診する必要があります。
そして、「速やかに」受診するには、救急車を呼ぶ必要が生じ、その場合、自然と警察へも一報が入ります。

また、車両を運転するものには、法律で、自賠責保険への加入が義務付けられています。
自賠責保険は、被害者を救済が目的の保険ですが、事故証明書がなければ利用できません。

事故証明書は、警察の事故処理によって作成される書類なので、事故後、警察に連絡を入れる必要があります。

【整形外科治療と鍼灸治療を併診したいのですがどうしたらいいですか?】

自動車事故治療を自賠責保険で受診する場合、限度額の範囲内であれば、整形外科も鍼灸治療も併診できます。
どの機関を使って、治療をするかは、本人の自由です。

実際に病院と接骨、整骨院や鍼灸を同時に通われている方、または、病院から転院されている方も珍しくありません。
なぜなら、交通事故で多いむち打ち症は、病院の治療よりも整骨、接骨や鍼灸治療が高い実績をあげているからです。

ただ、自賠責保険の担当者によっては、手続き上の問題と限度額の問題から鍼灸治療への通院を拒否する方もいます。
しかし、これは明らかに間違った行為なので、その場合は、整骨、接骨、鍼灸等でご相談ください。

【自動車事故治療を自賠責保険で受けたいのですが・・・】

すでに警察に事故処理をしてもらっている自動車事故治療なら、予約の必要もなく、すぐに病院や整骨、接骨等で治療を受ける事は出来ます。
保険手続きが全く分からなくても問題ありません。

治療の前後いずれの手続きでも保険での補償は可能です。
ただし、すでに医療機関を受診されている場合で、その後、整骨や接骨院等を利用する場合は、病院で発行された診断書を受診するといいでしょう。

それを元に整骨、接骨院等のスタッフが、各保険会社に連絡し、補償限度の範囲内での治療を実施します。
万が一自賠責保険の限度額を超えるような事があれば、加害者の負担、または任意保険で補うことになります。

保険手続きに関しては、自動車事故治療を専門とする医療機関や施設で親切丁寧に対応してくれますので、お気軽にご相談ください。

【その他の補償ってありますか?】

自動車事故治療以外の補償としては、休業補償として、症状が強く仕事を休む必要が生じている方、家事や育児ができず、ヘルパーを依頼しなければならない人などについては、補償が受けられます。

ただし、自賠責保険には、治療費を含め補償額に限りがありますので、事前に各保険会社にご確認ください。

 

藤枝市 自動車事故治療なら、「そうき接骨院」にお任せ下さい。

交通事故、むちうちでお困りの方は藤枝市のそうき接骨院までご連絡ください。

自己負担金は0円

こちらの記事もお読みください